便秘解消に効果的なツボ&マッサージ方法まとめ

毎日でなくてスッキリしない

毎日でなくてスッキリしない
暴飲暴食、ストレス、体調不良による便秘など、便秘の原因は多種多様です。できることならば、薬の力を借りずに自然な形で便秘解消を図りたいものですよね。

便秘解消に効果的と言われるツボや、簡単に実践できるマッサージ方法をご紹介します。

⇒天然酵素のこんにゃくゼリー「いちずな酵素」

便秘解消に効果的なツボまとめ

自分で簡単に押せるツボをお腹、足、背中の3か所に分けてご紹介します。
お腹周り

  • 天枢(てんすう)
  • おへその両側、指2~3本分外側に離れたところにあります。胃腸、とくに大腸の調子を整えるのに役立つツボとして知られています。人差し指、中指、薬指の3本を揃えて皮膚が少し凹む位の強さで刺激しましょう。天枢と相性の良い方だと、数回行うだけで効果が実感できることもありますよ。息をゆっくり吐きながら押して・緩める動作を3分ほど続けます。軽めに行ったほうが便秘には効果的です。

  • 大巨(だいこ)
  • おへそから指2~3本分外側に離れ、さらに指2~3本分下がった部分にあります。大腸のぜん動運動を活発にしてくれるツボとして知られています。便秘が続いている方であれば硬いので、すぐに見つかるでしょう。人差し指と中指を重ねて、息をゆっくり吐きながら押して・緩める動作を3分ほど続けます。少し指を振動させて行うとより効果的です。

  • 中脘(ちゅうかん)
  • おへそとみぞおちを結ぶ縦線の、ちょうど真ん中あたり(おへそから指4~5本分くらい上)にあります。中脘(ちゅうかん)は胃の位置にあるので、胃の調子を整えるのに効果的です。
    中脘(ちゅうかん)は指圧よりもお灸のほうが効果がでやすいため、お灸がないようであればカイロやドライヤーなどを使って熱刺激をしてあげましょう。温熱刺激で温める⇔休むをくり返します。

  • 気海(きかい)
  • おへそから指2本分下がった部分にあたります。消化器系のトラブル全般に効果的なツボです。その他にも女性であれば、生理不順、生理痛、不妊症。男性であれば滋養強壮、前立腺疾患などにも効果的だとされています。

    気海(きかい)は指圧よりも温熱刺激の方が効果がでやすいため、カイロやドライヤーによる温熱刺激で温める⇔休むをくり返すと良いでしょう。人差し指と中指を重ねて、指圧する方法ももちろんokです。

    足つぼ

  • 三陰交(さんいんこう)
  • 内側のくるぶしからスネの骨に沿って指4本分位の位置にあります。押すと軽い~強い痛みを感じやすいツボです。生理や更年期、冷え性といった婦人病が関係している便秘に効果が見込めます。スネの内側に親指を押し込むようにして、息を吐きながら押して吸う時に力を抜く動作を3~5分ほど行いましょう。

  • 足三里(あしさんり)
  • 膝のお皿から指4本スネに沿って下がり、そこから指3本分外側のくぼみに位置します。胃腸の働きを良くするツボです。椅子に座り、両手の親指を重ねてツボにあてましょう。少し強めに3~5秒押す⇔休むを両足とも2~3分繰り返します。

  • 太衝(たいしょう)
  • 足の甲にあるツボです。足の甲の親指と人差し指の骨の間を足首の方になぞり、骨の合流点で指が止まる箇所に位置します。肝機能を高めるツボとして知られているため、暴飲暴食が便秘の原因かも…という方にはぜひ試してみてください。
    親指の腹を当てて気持ち良い強さで3~4秒⇔休む動作を両足3分位ずつ行います。

背中
マッサージ

  • 便秘点(べんぴてん)
  • 肋骨の一番下から指2本分下、背骨から左右に指4本分の位置にあります。その名の通り便秘に効果を発揮するツボとして知られています。ウエストのくびれに両手をおいて親指を便秘点に当て、腰を左右に何度かひねりながら行うことで、ツボに力が入りやすいですよ。

  • 大腸兪(だいちょうゆ)
  • ベルトを付けるラインの背骨から外側にそれぞれ指2本分位の位置にあります。下痢や過敏性腸症候群の改善に役立つツボとして知られています。ウエストに両手を置き、親指でツボを気持ちよいと感じる強さで5秒⇔緩める動作を5分繰り返します。

    便秘解消の効果的なマッサージ方法

    ツボを利用したマッサージ方法

    1. おへそから指2~3本分の位置にある天枢(てんすう)というツボを5秒ゆっくり刺激します。
    2. 天枢(てんすう)から指2~3本分下の大巨(だいこ)というツボを5秒ゆっくり刺激します。
    3. おへそを出発点として、手のひら全体をつかって「の」の字をかくようにして優しくマッサージします。

    ・頑固な便秘の解消 に落下腸マッサージの手順

  • 仰向けに寝て両ひざを立てた状態で、腰の下にクッションを入れます。10センチくらい腰が浮く高さがベストです。
  • 下腹部からおへその上まで両手でお腹が自然に凹む位の強さでマッサージします。腸を上に押し上げるようなイメージで行うのがコツです。
  • S状結腸を上下に1分間つつくようにして刺激します。
  • 1~3の動作を朝食前と就寝前に行いましょう。
  • また、日頃から背筋を伸ばし姿勢を整えることも便秘解消には欠かせません。

    まとめ

    辛い便秘を解消するのに役立つツボやマッサージ方法をご紹介しましたが、根本的な便秘解消のためにはストレス緩和、食事改善など生活習慣の改善も見直して行きたいところですね。ツボについては、体質によって効果の即効性に違いがでてくることもあります。ご自身に合うツボをぜひ見つけてみてください。
    ツボ、マッサージを上手に取り入れて、毎日スッキリ快調を目指していきましょう!

    ツボ押しやマッサージでも便秘解消ができない!
    差し迫ってる人はサプリの力を借りるのもひとつの手です。
    炭酸ジェルパックでおなじみのフェヴリナから出ている「いちずな酵素」というスティックタイプの酵素ゼリーがおススメ!

    おやつ酵素でズボラダイエット

    おいしくて食べやすいのでおやつ感覚でスルン!
    ダイエットの補助にもなるかも。

    ⇒天然酵素のこんにゃくゼリーで、毎日つるん!

    スポンサードリンク